8月のおススメの講座は、毎年約20万人の方が目指す超人気資格の「宅地建物取引士」と「建築施工管理技士」です。

1.宅地建物取引士

■受験申込7月2日~7月31日 ■本試験10月21日(日) ■合格発表11月 ■受験資格なし ■4肢択一マークシート方式50問で2時間試験

不動産業界はもとより、民法・税法・建築基準法といった各種法律を学んだ資格者として様々な業種から求められている人気の高い国家資格です。誰でも受験できる宅建試験ですが、約20万人が受験する中、合格率は約15%のかなりの難関資格でもあります。最後の仕上げに向けて各種コースを開講します。

『直前対策コース』 8月~10月に開講(全25回)。演習テスト・解説講義を行う直前対策講義の後に、追い込み学習(直前攻略)へと進みます。

『直前攻略コース』 10月開講(全11回)。本試験直前3週間を模擬試験11回と特別講義を繰り返す追い込み学習で本試験へ向けた総仕上げを行います。

その他、通学が難しい方のためにPC、タブレット、スマートフォンから受講できる『完全攻略ズバリ解説Web講座』『本番直前!ヤマあてゼミWeb講座』も用意しています。

さらに、無料の宅建受験ガイダンス『本試験の傾向と2018年度対策』も実施中。

「2017年度 宅建本試験 問題・全問解答解説集」をご希望の方へ進呈いたします。

・正解番号・全解答肢の解説・全問の正答率、難易度等を記載しています。お気軽にお電話でご請求ください。

 

2.2級建築施工管理技士(学科+実地)

昨年から年2回実施となった2級建築施工管理技士の試験。資格者の確保・育成に国も真剣に取り組んでいます。

「短期集中コース」 (学科コース+実地コース) 

学科コースでは、理解しやすい「映像講義」で基礎力を養成、「学科講義」で本試験に直結する重要ポイントを整理し、テストにより成果の確認をすることで難関の学科試験合格を目指します。

実地コースでは、「実地講義」と年々難易度が高くなっている「記述式問題」対策を第一に実地試験対策を学びます。実地試験の要となる経験記述問題も書き方のポイントから学習し実地試験の合格力を養成します。

 

3.その他、1級建築施工管理技士(実地)、1級土木施工管理技士(実地)も近々開講します。

 

スキルアップ応援キャンペーン

2018年8月31日(金)まで(一部講座は申込期限が異なります)。

全23講座の受講料が 20%OFF

 

今月お知らせした講座以外にも各種講座を開講しております。お気軽にお問い合わせください。

建築・不動産/建設/税務・ビジネス/医療・福祉/就職・スキルアップ/実務講座

日建学院は、1976年日建学院東京校開校をスタートとして、資格取得やスキルアップのための講座を運営し、各種資格試験の累計合格者数は870,000人を超えております。スタッフ一同皆さまのお越しをお待ちしております。

講座に関しての内容、資料請求、願書請求など、詳細は下記のパンフレットをご覧ください。

今月のおすすめ講座(平成30年8月)